2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
配送のみ受け付け
お休み
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お休み
配送のみ受け付け
 

授乳ブラ・マタニティブラの選び方

「マタニティブラ」「授乳ブラ」といっても、探しはじめるとけっこういろんな種類があって、使い方もいろいろ、かわいいものからシンプルなものまで、どれを買ったらいいの?どれが使いやすいの?サイズは?などなど…わからないことがいっぱい!そんなマタニティブラ・授乳ブラのこと、おすすめの種類からサイズの選び方、授乳フックの使い方まで、子供2人を完全母乳で育てた店長が、お答えします。

マタニティブラって必要?〜マタニティブラとは?〜

 結論から言うと、マタニティブラは必要です。

 妊娠すると、バストはサイズアップしますが、おっぱいがそのまま大きくなるだけではありません。アンダーサイズも大きくなりますし、乳頭と乳頭の間が広くなって、カップの形も変わります。カップの輪郭にそって大きくなるようなイメージです。もちろんボリュームが増して重くなりますので、しっかり支えてあげないと、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりして、産後におっぱいが垂れてしまう原因になることも。

 ここで問題なのが、サイズがアップしたから、サイズの大きなブラを買えばいいかというと、そうではないことです。普通のブラというのは、脇に流れていくバストを保持し、形を整え、きれいに見せるためのもの。でも、妊娠・授乳期は、母乳を出すために乳腺が発達しているので、普通のブラだとその邪魔をしてしまったり、形が合わずに食い込んで痛くなったりするのです。最悪の場合、乳腺炎になってしまうことも…


 でも、妊娠中もバストはきれいに見せたいし、垂れないようにしっかりと支えたいですよね。


 そこで、マタニティブラ。乳腺の発達を邪魔しない形をしています。ワイヤー入りのものは、乳腺を圧迫しないような普通のブラとは違う形のワイヤーを使っていて、ノンワイヤーのものは、ボリュームが増えたバストを支えられるように、アンダーや肩紐の幅が広く作られています。また、カップの増量に対応できるように、伸縮性のあるカップにし、アンダーのサイズアップに対応するために、背中のフックが多くついています。マタニティブラとは、妊娠期のおっぱいのためのブラなのです。

 そして、エマエマで扱うブラは、全て授乳機能付き。つまり出産後には授乳ブラとして、卒乳までずっとお使いいただけます。


 私が1人目を妊娠した時は、かわいいマタニティブラがなく、出産する日まで普通のワイヤーブラを着けていました。無事に出産、でもなかなか母乳が出てくれませんでした。出産すれば母乳は出るものと思っていた私は、落ち込みました。赤ちゃんの体重はちっとも増えず、結局しっかりと母乳が出るようになるまで、1か月かかりました。ワイヤーブラのせいだけではないかもしれませんが、2人目のときは、妊娠3か月のころからマタニティブラに変えたおかげか、産後すぐに母乳が出てくれましたよ。

授乳ブラ(ナーシングブラ)って必要?〜授乳ブラとは?〜

 こちらも、結論から言いますと、必要です。なぜなら、授乳期のおっぱいは、妊娠前のおっぱいとは、形もボリュームも違うから。特にこの時期のブラ選びで難しいのが「しっかりと支える」ということ。妊娠前よりも大きく、重くなったおっぱい。しっかり支えてあげないと、卒乳後に垂れてきてしまいます。かといって、普通のブラは使えません。母乳を作る乳腺は、ブラのワイヤーが当たるところに多くあり、ワイヤーで圧迫されると痛みが出たり、母乳が出にくくなったり、乳腺炎の原因になることも。


 乳腺を圧迫せずに、でも卒乳後の下垂を軽減するためにはしっかりと支えたい。

 そのための授乳ブラなのです。


 あれ?上のマタニティブラの説明と同じようなこと言ってない?そう気づいたあなた、正解です。授乳ブラとマタニティブラは、ほぼ同じなのです。では何が違うかというと、授乳しやすいようにカップがぱかっと開くかどうか。それだけです。

 だから、エマエマのブラはすべて「授乳ブラ・マタニティブラ兼用」です。どのブラをお選びになっても、妊娠〜卒乳までお使いいただけます。

いつから変える?何枚買ったらいいの?
〜授乳ブラ・マタニティブラの購入時期・購入枚数〜

 妊娠前につけていたブラから、マタニティブラに代えるタイミングですが、私のオススメは妊娠12週目くらいから。ブラをマタニティブラに変えるだけで、つわりが軽くなることもあります。

 16週目くらいになると、乳房も大きくなってきて、多くの方が今までのブラがきついと感じ始める頃です。この時期のサイズに合わせて買えば、その後のサイズの増加にも対応できるようにできています。

 出産後、授乳が始まって自分の好みの形があれば買い足していき、洗い替えも考えて全部で4〜5枚以上あれば、卒乳までまわせるでしょう。

 といっても、私が授乳ブラを探し始めたのは9か月に入ってからでしたから、いつ買っても遅すぎるということはありません。

 そして、お出かけするようになると、ワイヤー入りの授乳ブラもほしくなるところ。でもワイヤー入りのものは、授乳直後は大丈夫でも、なかなか次の授乳ができずにおっぱいが張ってしまうと、痛みの原因になったりします。ですから、授乳が軌道に乗ったころ、だいたい3か月経ったくらいから、始めてみましょう。授乳ブラのワイヤーは、普通のブラのとは違い、柔らかい樹脂製のものや、L字型ワイヤーというカーブの緩やかなワイヤーが使われていて、おっぱいへの負担が少なくなるようにできています。

授乳ブラ・マタニティブラには、どんなタイプがあるの?
〜授乳ブラ・マタニティブラの種類〜

 授乳ブラ・マタニティブラにもいろいろな形がありますが、大きく分けて2つの分類方法があります。ブラ自体の形による分類と、どのように開いて授乳するのかという分類です。


 まずはひとつめ、ブラの形そのもので分類すると、ハーフトップとブラトップに分けられます。

 ハーフトップとは、タンクトップやキャミソールをバストの下で切ったような形で、後ろにホックが付いていません。そのため付け心地が楽で、入院中や就寝時には向いている反面、アンダーバストのサイズ調節ができず、あまりバストをしっかりと支えることはできません。また、このタイプには、肩紐の調節ができないものが多いです。

 ブラトップとは、一般に言う「ブラ」で、後ろにアンダー調節用のホックがついています。バストをしっかりと支えることができ、リラックスしたいときにはゆるめて、妊娠が進んでサイズが大きくなっていっても、外側のホックを使うことで、長く使うことができます。このタイプのブラは、肩紐の調節もできるものがほとんどです。


 もうひとつの分類、授乳をする際に、どのようにバストを出すかによって分けると、4つに分けられます。クロスオープン、フロントオープン、ストラップオープン、ウィンドウオープンです。

 まず1つめ、クロスオープンですが、これはそのままブラをずり下げて授乳するという、一番わかりやすい方法です。簡単な反面、ブラ自体がずれやすく、また母乳の出が良くて母乳パッドを付けて使っている場合には、母乳パッドがよれてしまったり、付け替えに時間がかかってしまったりします。

 2つめのフロントオープンは、前に付いたスナップを外して、ブラを完全に開く方法です。バストが完全に出るので、授乳自体はやりやすいのですが、終わったときに毎回ブラを付け直す手間がかかります。

 3つめのストラップオープンは、カップの上のストラップとの継ぎ目についたフックを外し、片方ずつカップをぱかっと開いて授乳します。アンダーもずれず、しっかりとブラをつけた状態で授乳できるので、終わった後、寄せて上げて…としなくても大丈夫です。また、カップがぱかっと開くため、母乳パッドの付け直しも楽にできます。

 4つめのウィンドウオープンは、ストラップオープンと同様にカップを開くのですが、カップが2枚重ねになっていて、一枚開いても、もう一枚の枠だけのカップが残っています。そのため、使い方はストラップオープンと同じですが、大きな違いは、ボリュームのあるバストをしっかりと支えながら授乳できること。ですから、グラマーさんにおすすめの授乳ブラなのです。

 以上、ブラの形が2種類×開き方が4種類の組み合わせで、だいたい8種類に分けられます。


 さて、おすすめは?というと、下の表の星の数で判断すると、リラックス度を優先するならクロスオープンタイプ。しっかりと支えたいならブラトップ型のストラップオープンかウィンドウオープンになります。

 現在、日本ではクロスオープンタイプが多いようですが、私はあまりおすすめしていません。もちろん、さっとブラをずらすだけで授乳できることと、リラックスしたい就寝時などには向いていると思います。でも、その分母乳パッドが着けにくかったり、ホールド力が弱かったり、何よりサイズが細かく分かれていないのが欠点です。

 その点、ストラップオープンとウィンドウオープンは、カップがぱかっと開くので母乳パッドの着け外しも楽で、背中のフックと肩紐のアジャスターでしっかりとフィットし、バストを保持することができます。授乳フックがめんどくさそう、と思われるかもしれませんが、後で説明するように、慣れれば1秒かかりませんので、こちらの方が使いやすいと思います。


授乳ブラ・マタニティブラのトップおよびオープンの種類

サイズの選び方は?
〜授乳ブラ・マタニティブラのサイズの選び方〜

 一般的に妊娠〜出産までで、アンダーサイズは+ワンサイズ(5cm)、カップサイズは+1〜2カップ、と言われています。でも、疑問に思ったことはありませんか?普通のブラはA65やC70、E75やH80と、細かくサイズがわかれているのに、マタニティブラや授乳ブラはM,L,LLの3サイズのみ。多くてもM〜5Lなど。今まで、何十サイズにもわかれていたおっぱいが、妊娠すると3〜6パターンに分けられる。それで本当に、大きくなっていくおっぱいをしっかりと支えられるの?


 答えはNO。

 M・Lなどのサイズにぴったり当てはまる人はいいかもしれませんが、そんな人は少数でしょう。多くは、買ってはみたものの、カップはいいのにアンダーが大きすぎる、またはその逆で、アンダーはぴったりだけどカップが、ぶかぶか。妊娠してもきれいなバストを維持するためには、きちんとサイズのあったブラをつける必要があります。でも、アンダーもカップも大きくなるバストにぴったり合うブラなんてあるの?大きくなるたびに買い換えるわけにもいかないし…??


 大丈夫。エマエマのマタニティブラ・授乳ブラは、産前産後のサイズの変化に対応できるように、アンダーは、ホックが通常のブラよりも多く付いており、カップは1〜2サイズアップに対応できるように、伸縮性のある生地が使われています。つまり、今の自分のサイズをしっかりとチェックして、妊娠してからの体重の増加・残りの妊娠期間を考えれば、妊娠中、産後の授乳期、そして卒乳後もサイズが合えばずっと…、と長く使うことができるのです。


 例えば、現在妊娠4か月でC70の方なら、エマエマではC70のサイズをご購入ください。C70のブラで、アンダーは70〜78cmまで、カップならEカップまで対応しています。妊娠8か月で、もともとC70だけれど、今はD75、まだまだ大きくなりそう…という方はD75をご購入ください。まだまだ大きくなっても大丈夫ですよ。逆に、もうすぐ出産!という臨月の方で、現在D75のサイズであれば、これはカップもアンダーもワンサイズ落としてC70、もしくは母乳がたくさん出るかもなので、カップはそのままアンダーだけ落としてD70をお選びください。現在産後一か月で、そろそろ授乳も軌道に乗ってきたな〜という方で、授乳直後に測ってD75で、体重も妊娠前に近い方は、D70をお選びください。


 実際のサイズ選びは、ブラひとつひとつ、カップの深さや、アンダーの大きさが微妙に違うため、商品ごとに詳しく記載しています。大事なことは、今の自分のサイズをしっかりと把握することです。今のブラがC70だから、とか、いつもD70を買っているから、だけではなく、トップが何cmでアンダーが何cm、というのが必要なのです。ちょっと面倒ですが、一度ご自分のサイズを測ってみましょう。

 サイズ選びで迷ったら、お気軽にメールでお問合せください。


サイズを測ってみましょう。
〜授乳ブラ・マタニティブラのサイズの測り方〜

 まず用意するのは、メジャーです。そして、できるだけ素肌に近い状態で測りましょう。パッドの入っていないブラジャーなら、つけたままでもかまいません。グラマーサイズの方は、パッドの入っていないブラを着けた状態の方が測りやすいかもしれません。授乳中の方は、できるだけおっぱいが張っていない時、できれば授乳直後に測りましょう。

 アンダーはバストのすぐ下を(写真1)、トップは乳首の位置(写真2)で測りますが、どちらも床と水平に測ります。鏡を見て、水平になっているか確認しながら測るといいですね。そして、アンダーは軽く息を吐きながら、トップは軽く息を吸いながら測ると、上手く測れます。

アンダーサイズの測り方

写真1 アンダーバストの測定位置

トップサイズの測り方

写真2 トップバストの測定位置

 アンダーのサイズはそのままアンダーサイズに、カップサイズは、トップバストからアンダーバストを引いて、その差が何cmかで決まります。

( 砲泙此⊆命1の様にアンダーバストを測ります。測定したアンダーバストをもとに下の「アンダーサイズ表」からアンダーサイズを決定します。

(◆房,法▲ップサイズを決定します。写真2の様にトップバストを測定し、先ほど測定したアンダーバストとの差を算出します。この差がカップサイズの基準となり、下のカップサイズ表からカップサイズを決定します。

()最後に「ブラのサイズの早見表」に当てはめ、交差したところがあなたのサイズで、その左下と右上が姉妹サイズです。

アンダーサイズ表

授乳ブラ・マタニティブラのアンダーサイズの測り方

カップサイズ表

授乳ブラ・マタニティブラのカップサイズの測り方

ブラのサイズの早見表

※表中の色分けは姉妹サイズを表しています。

授乳ブラ・マタニティブラのアンダーサイズとカップサイズの組み合わせ

例1:測定の結果、アンダーバスト=69cm / トップバスト=90.3cmだった場合。

 アンダーサイズは、上の表から69cm ⇒ 70

 カップサイズは、トップとアンダーの差が90.3cm−69cm=21.3cmなので、上の表よりぎりぎり

 よって、最適なサイズはF70となります。

 1mmの差でカップが違うなんて…と思った方。ここで考えるのが、あなたの妊娠週数です。妊娠初期であればこれからサイズアップするでしょうから測定結果通りF70がいいでしょう。でも、もうすぐ40週または出産直後の方は、これからサイズが小さくなることが多いので、E70でもいいかもしれません。

例2:測定の結果、アンダーバスト=72.5cm / トップバスト=91.5cmだった場合。

 アンダーサイズは、上の表から72.5cm ⇒ ぎりぎり75

 カップサイズは、トップとアンダーの差が91.5cm−72.5cm=19cmなので、上の表より

 よって、最適なサイズはE75となります。

 ここでも、あなたの妊娠週数を考えてみましょう。妊娠初期であればこれからサイズアップするでしょうからE75が良いでしょう。もうすぐ40週もしくは出産直後の方は、これからサイズは小さくなっていくことが多いので、E70をお選びください。といっても、体の状態はひとそれぞれ。あくまでもご参考に。

姉妹サイズとは?〜姉妹サイズについて〜

 姉妹サイズをご存知ですか?

 ブラには「姉妹サイズ」というのがあって、日本でいうC70は、実はB75とD65と、カップの容積・ワイヤーのカーブが同じかほぼ同じなんです。

 つまり、普段C70をお選びの方で、カップはいいけどアンダーがすこしきついかな?とお感じであればB75を、カップはいいのにアンダーが少しゆるいかも?とお感じであればD65を着用なさるとぴったりになるのです。

 それ以外でも、品切れなどでサイズがない場合にも、C70 or B75、もしくはC70 or D65で探すと自分に合うサイズが見つけられる可能性が高くなります。

 さすがに、カップの容積がほぼ同じだからといってC80をE70にすると、アンダーサイズが10cmも違いますので、代用はできなくなりますが、この姉妹サイズ、覚えていて損はありません。


 上の表で言うと、ご自分のサイズの左下右上が姉妹サイズにあたります。

 D75の方であれば、C80E70

 F70の方であれば、E75G65が姉妹サイズです。

 もし、品切れなどでご自分のサイズがない場合、ぜひこの姉妹サイズでお選びになってみてください。

どうやって使うの?〜授乳ブラ・マタニティブラの使い方〜

 マタニティブラ・授乳ブラの授乳用ホックを初めて見た時は、ナニコレ?どうやって外すの??と思われる方がほとんどだと思います。そして、ブラのパッケージに使い方が書いてない!なんてことも…

 でも、難しいことはありません。ちょっとしたコツで、すぐに外れます。さらにこのホック、ブラを脱ぎ着する時には、意外にも外れないんです。慣れれば1秒で外せますので、赤ちゃんを待たせることなく授乳できますよ。


ホックの使い方

 上の写真では、左胸のホックを左手で開いて閉じて、としていますが、私は実際には右乳を吸わせる時は左手で、左乳を吸わせる時は右手で、授乳するバストとは反対の手で外したり付けたりしていました。でもそれは、私の授乳スタイルがフットボールスタイルか横抱きスタイルだったから。縦抱きスタイルの方は、授乳する方の手で開いたり閉じたりした方がやりやすいかもしれませんし、ご自分のやりやすい方でかまいませんよ。

いつまで使えるの?〜授乳ブラ・マタニティブラの卒業時期〜

 実は授乳ブラ・マタニティブラ自体は、授乳が終わっても、ずっと使っていくことができます。肌あたりが優しく、伸びが良く、それでいてしっかりとバストを支えることができるので、ブラとしても優秀なものが多いのです。

 では、いつから普通のブラを使ってもいいの?というと、卒乳・断乳したらいつでもどうぞ、と言いたいところですが、もう少しだけ待って。卒乳・断乳直後は、おっぱいがまだ「母乳を作ろう」としているので、普通のブラでは乳腺炎になってしまうかも。もう少しだけ待って、卒乳・断乳後1か月経ったくらいがおすすめ。おっぱいのサイズが安定してくるので、もう一度サイズを測りなおして、あなたにぴったりのブラを着けましょう。

試着してみましょう。
〜授乳ブラ・マタニティブラの試着のコツ〜

 通常のブラは、試着の際一番外側のホックで試着しますよね。つまり、一番アンダーが大きい状態です。でもマタニティブラ・授乳ブラはその逆。一番きつくした状態で試着します。なぜなら、その後体重が増えて、バストのボリュームも増していく前提で作られているからです。

 逆に、現在出産直後で、いちばんバストのボリュームが大きい状態の方は、一番外側、アンダーの大きい状態でご試着ください。

 ここで、気を付けていただきたいのが、タグは付けたままで試着すること。エマエマでは、ぴったりとサイズのあったブラをお選びいただきたいとの考えから、サイズ交換を承っております。(商品到着後7日以内、一度きり、返品交換送料お客様ご負担にて)でも、それはタグを外さないでご試着いただいた場合にのみですので、どうぞ商品が到着したら、お早めにタグを付けた状態で、ご試着ください。

ページトップへ

お買い物ガイド
お支払い方法

クレジットカード決済

以下のクレジットカードがご利用可能です。

PayPal決済

PayPalによるお支払いが可能です。

コンビニ決済(前払い)

以下のコンビニでのお支払いが可能です。手数料140円〜

代金引換

代引き手数料320円、お支払いは現金のみ。

ゆうパックでの配送となります。

郵便振替

ゆうちょ銀行の口座をお持ちなら、月3回までATMでの振替手数料無料!

記号番号 14010-43371141 口座名義 マツムラ ミカ

銀行振込

三井住友銀行の指定口座にお振込みください。

振込手数料をご負担いただきます。

三井住友銀行 高円寺支店 普通 7140338 マツムラミカ

配送方法・送料について

ゆうパケット、ゆうパックよりお選び頂けます。

ブラの形状によっては、ゆうパックのみとなります。

※税抜き9,800円以上ご購入のお客様は、送料無料です。

 (お届け先1か所に限り)

ゆうパケット

全国一律送料200円

ポストに投函しますので、ご不在でも受け取れます。追跡あり。

配達日指定、代引き決済はご利用いただけません。

ゆうパック

600円(北海道・沖縄県は1,200円)

手渡しで安心。

配達日・時間指定、代引き決済がご利用可能です。

配達時間帯指定
返品について

1つ1つ発送前に検品していますが、万一不良品・誤配送などがございましたら、商品到着後7日以内にメール・お電話にてご連絡ください。早急に在庫を確認し、交換させていただきます。この場合に発生する送料は、当店が負担いたします。

また、エマエマではお客様に安心してお買い物していただけるように、サイズが合わない等お客様のご都合による返品・交換でも、商品到着後7日以内一度に限りお受けいたします。(ブラジャーのみ)この場合の返品・交換品送料はお客様にご負担いただきます。

※以下の場合は返品をお受けいたしかねます。

 ・お届け後8日以上が経過した場合

 ・当店名の印刷されたタグを外した場合

 ・お客様が破損・汚損した場合(煙草・動物等の臭い含む)

 ・洗濯したりご使用になった場合

 ・ご連絡なく、返送された場合

 ・不良品でないショーツ

メールまたはお電話を頂く際には、『ご注文時の氏名』『受注番号』『商品名』『サイズ』『返品・交換を希望する理由』をご記入またはお伝え願います。

ご返送の際は、商品お届け時の外装箱をご利用ください。

ページトップへ