2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
お休み
配送のみ受け付け
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
お休み
配送のみ受け付け
 
お知らせ
2019/05/12【コラム】 マタニティブラって必要? 〜あなたにマタニティブラを勧める理由〜

妊娠してから、病院や自治体の赤ちゃん講習会に参加したり、マタニティ雑誌で勉強したり、慣れない準備にお忙しいプレママの皆さま、お疲れ様です。

赤ちゃん用品のお店に行ったり、ネットで探したり、はたまたレンタルやお下がりをもらったり。

時間もお金もかかる準備、できれば最小限に抑えたいと思うもの。

かわいい赤ちゃんのため、できるだけママのものは控えめに…と考えるママも多いのでは?

 

その中のひとつ、マタニティブラ・授乳ブラ

 

妊娠したからといって、急に体型が変わるわけではないので、ブラはいつものままで。

今の時期だけのものなので、安い方が良い。

「マタニティブラ・授乳ブラを、買ったはいいけど使わなかった。」って先輩ママが言ってたし…

 

そう、マタニティブラは必要ないと言う人もいます。

 

妊娠は個人差が大きいもので、つわり・むくみ・おなかの張り・血圧・体重の増え方…

「妊娠して、出産する」事以外、他のプレママと同じになることなんて、ありません。

 

Aさんにマタニティブラ・授乳ブラが必要なかったからといって、Bさんにも必要ないかどうかは別なのです。

 

あなたに、マタニティブラが必要かどうか。

なぜマタニティブラを勧めるのか。

マタニティブラをお勧めする理由を3つ、ご紹介いたします。

 

,弔錣蠏攜困魎待できる

つわりに苦しむ女性

 

妊娠して最初の試練「つわり」。

 

何もしなくても気持ち悪い。食べ物のにおいがするだけで嘔吐してしまう。おなかがすくと吐き気がするので、常に何か食べていないとつらい。ひどい時には水分すら取れなくて、点滴や入院となってしまうことも。

妊娠悪阻と診断されるつわりは、早めの受診が必要となりますが、程度の差はあれ、ほとんどの人が感じるつわり。

 

少しでも楽に乗り切るために、ブラを変えてみませんか?

 

補正機能のあるブラ、妊娠前は背筋がシャキッとして、テキパキと仕事がこなせそうなのですが、その締め付けがつわりをさらにひどくしている可能性が。

また、今までブラトップで過ごしていた方に多いのが、妊娠してサイズアップしたバストを支えられず、その重みや揺れで気持ち悪くなってしまうというもの。

グラマラスサイズのプレママが、妊娠したのでとりあえず赤ちゃん用品のお店のマタニティブラに変えたら、全然支えられなくてしんどくなった、というお声も頂戴します。

 

締め付けずに、しっかりと支えるマタニティブラに変えて、つわりの時期を乗り切りましょう。

 

乳腺の成長を妨げない

乳腺の説明図

 

出産すれば、母乳は勝手に出てくれる。そう思っていませんか?

 

恥ずかしながら、店長はそう勝手に思い込んでいました。

でも、それは間違いでした。

第一子を出産した時、初めの1ヶ月間母乳がなかなか出なかったのです。

 

「乳腺」という言葉を、聞いたことがありますか?

母乳を作る器官で、バストの底辺あたり、ブラのワイヤー周辺に多くあります。

 

何も考えずに普通のワイヤーブラで妊娠期間を過ごしたおかげで、妊娠中常に乳腺は圧迫され、成長することができなかったのだと思います。

その反省を生かし、第2子の時は、妊娠に気付いた時からマタニティブラに変えました。

今度はしっかりと母乳を出す準備ができたようで、出産直後から母乳が出てくれて、粉ミルクを足すことなく卒乳できました。

 

おっぱいは、妊娠中から、母乳を出す準備をしているのです。

もちろん、産後に母乳が足りなければ粉ミルクがありますので、困ることはありませんが、母乳育児を考えているなら、妊娠した時からおっぱいは赤ちゃんのもの。

産まれてくる赤ちゃんのために、マタニティブラに変えて、おっぱいの準備もしていきましょう。

 

F腺炎のリスク軽減

乳腺炎のイメージ

 

聞きなれない言葉だと思いますが、妊娠・出産・授乳期には、切り離すことのできない「乳腺炎」。

母乳を作る器官の「乳腺」や、乳頭まで母乳を運ぶ「乳管」が何らかの理由で詰まり、炎症を起こしてしまうことで、おっぱいが痛むだけでなく発熱を伴ったり、ひどい場合には切開して溜まった膿を取り出さなければなりません。

とにかく、早目に受診してほしい乳腺炎ですが、その原因のひとつがバストの圧迫。

 

・サイズアップしているのに、妊娠前のブラをそのまま使っている。

・バストの形をきれいに保ちたいので、ワイヤー入りのブラを使っている。

 

そんなプレママは乳腺炎のリスク高。

 

きちんとサイズのあったブラを着けることは言うまでもなく、ブラの形も大切です。妊娠するとバストの形は変わり、バージスラインが広くなっていきます。今までのブラでは、バージスライン周辺に多い乳腺を圧迫する可能性が高いので、乳腺を圧迫しないように考えられたマタニティブラが安心。ワイヤー入りのブラを着けているプレママも、妊娠中・授乳中のバストを考えてカーブが緩めに設計してある、マタニティブラに切り替えて。

 

妊娠中は色々とトラブルが多いもの。乳腺炎になってからつらい思いをするよりも、ブラを変えるだけでそのリスクが減らせるのなら、少しでも減らして、妊娠・授乳期を快適に過ごしてほしいと思います。

 

 

 

マタニティブラ・授乳ブラをお勧めしている理由を3つお伝えしましたが、いかがでしたか?

あなたにマタニティブラが必要か、必要ないか、考える手助けになればと思います。

それでも迷ったら、どうぞ一度ご相談ください。

アクセス : 32

【コラム】 いつからマタニティブラにする?

お知らせ一覧

ページトップへ

お買い物ガイド
お支払い方法

クレジットカード決済

以下のクレジットカードがご利用可能です。

PayPal決済

PayPalによるお支払いが可能です。

コンビニ決済(前払い)

以下のコンビニでのお支払いが可能です。手数料140円〜

代金引換

代引き手数料400円、お支払いは現金のみ。

ゆうパックでの配送となります。

郵便振替

ゆうちょ銀行の口座をお持ちなら、月1回までATMでの振替手数料無料!

記号番号 14010-43371141 口座名義 マツムラ ミカ

銀行振込

三井住友銀行の指定口座にお振込みください。

振込手数料をご負担いただきます。

三井住友銀行 高円寺支店 普通 7140338 マツムラミカ

配送方法・送料について

ゆうパケット、ゆうパックよりお選び頂けます。

ブラの形状によっては、ゆうパックのみとなります。

※税抜き9,800円以上ご購入のお客様は、送料無料です。

 (お届け先1か所に限り)

ゆうパケット

全国一律送料350円

ポストに投函しますので、ご不在でも受け取れます。追跡あり。

配達日指定、代引き決済はご利用いただけません。

ゆうパック

600円(北海道・沖縄県は1,200円)

手渡しで安心。

配達日・時間指定、代引き決済がご利用可能です。

配達時間帯指定
返品について

1つ1つ発送前に検品していますが、万一不良品・誤配送などがございましたら、商品到着後7日以内にメール・お電話にてご連絡ください。早急に在庫を確認し、交換させていただきます。この場合に発生する送料は、当店が負担いたします。

また、エマエマではお客様に安心してお買い物していただけるように、サイズが合わない等お客様のご都合による返品・交換でも、商品到着後7日以内一度に限りお受けいたします。(ブラジャーのみ)この場合の返品・交換品送料はお客様にご負担いただきます。

※以下の場合は返品をお受けいたしかねます。

 ・お届け後8日以上が経過した場合

 ・当店名の印刷されたタグを外した場合

 ・お客様が破損・汚損した場合(煙草・動物等の臭い含む)

 ・洗濯したりご使用になった場合

 ・ご連絡なく、返送された場合

 ・不良品でないショーツ

メールまたはお電話を頂く際には、『ご注文時の氏名』『受注番号』『商品名』『サイズ』『返品・交換を希望する理由』をご記入またはお伝え願います。

ご返送の際は、商品お届け時の外装箱をご利用ください。

ページトップへ